群馬大学総合情報メディアセンター中央図書館 郷土かるたコレクション

群馬大学総合情報メディアセンター中央図書館 郷土かるたコレクション

メニューボタン

はじめに

 郷土かるたとは、いろはかるたの一種で、郷土に関する諸事象を詠んだかるたです。都道府県、市町村、地区、学校区など、様々な地域単位で制作され、全国にはおよそ千数百種以上が存在すると言われています。群馬県では、有名な『上毛かるた』をはじめ、郷土かるたがおよそ130種程度制作されており、日本一の「郷土かるた県」と言えます。

 郷土かるたは、地域の自然・人物・歴史・産業・文化が凝縮された社会的文化的教育的価値の高い遊戯・カードである一方で、流通が一部地域に限られ、その存在や内容が全国的に知られる機会はあまりありません。

 そこで、群馬大学総合情報メディアセンター中央図書館では、この郷土かるたコレクションを通じてその価値や魅力を多くの方に知っていただきたく、令和2年度群馬大学地域貢献事業として、県内を中心とした郷土かるたコレクションのデジタルアーカイブ化を開始しました。デジタルアーカイブとして公開することで、GIGAスクール構想によってICTの利用が進む学校教育における郷土学習への活用や、新たな研究の発展、地域の特性を活かした諸活動等に貢献できれば幸いです。

ご利用にあたって

TOP